Takamitsu Ishizuka | 石塚隆充

Biography | 来歴

石塚 隆充

Takamitsu Ishizuka

 

日本を代表するカンタオール(フラメンコ歌手)。声楽専攻の傍ら、フラメンコ・ギターを弾きはじめた学生時代にカンテに出逢い、独学で歌いはじめる。1997年、日本フラメンコ協会新人公演奨励賞を受賞。1998年に渡西、フラメンコの本場、ヘレス・デ・ラ・フロンテーラのサンティアゴ地区にてヒターノ(ジプシー)達から生きたフラメンコを学びながら、現地のタブラオ(フラメンコレストラン)、コンサート、映画等に出演。2001年、フラメンコギタリスト沖仁とのユニット“Taka y Jin”1stアルバム「Banco(バンコ) de(デ) Santiago(サンティアゴ)」をリリース。

スペイン生活8年を経た2006年より、活動拠点を日本に移してソロ活動を展開。2009年、1stソロアルバム「Reliquia(レリキア)」をTONEからリリース。2010年より、アテネ・ミュージック&アーツにて後進の指導を開始、全国ツアーの折には各地でのワークショップも開催している。2011-12年、スペイン3都市(※)でソロ・ツアーを興行し、現地のフラメンコ愛好家が集う歴史と権威あるペーニャで単独カンテ公演を行った初の外国人となり、多数の現地メディア報道により「日出ずる国のカンタオール」として絶賛される。2013年、2ndアルバム「Revolución(レボルシオン)」をリリース、前作に続き、フラメンコを軸に“日本語”で歌うことを追求している。

2014年には、NHK Eテレ「ムジカ・ピッコリーノ」、「テレビでスペイン語」など、教育番組への出演が続いている。2014年11月に日本初演予定のグラミー賞受賞・現代オペラ「アイナダマール ~涙の泉~」に出演決定。スペインを代表する詩人フェデリコ・アルシア・ロルカの死を回想していく作中で、ロルカを殺害する悪役ルイス・アロンソを“カンテ”のスタイルで演じる。これに先立ち6月に開催されたプレコンサート「魂の詩人ロルカとアンダルシア ~アイナダマールへの道~」では音楽監修と主演の一人を務め、2日間の公演で会場の日生劇場(1300名収容)を満席にした。

聴く者の魂をゆさぶる情熱的な歌声に魅了されて、ジャズ、ラテン、ロック、J-popなど、他ジャンルのアーティストからのラブコールによる共演も数多い。フラメンコを軸に、スペイン民謡、ラテンの名曲、昭和歌謡から演歌まで、スペイン語・日本語の両方で歌う独自の音世界を追求している。


(※)2011年:ヘレス、マドリード、サンルーカル/2012年:マラガ、グラナダ、セビージャ



●Web

 http://takante.info

●facebookページ

 www.facebook.com/takatakante

●facebooks最新情報ページ

 www.facebook.com/takante

●twitter本人アカウント

 @takatakante

●twitter最新情報アカウント

 @takante_ama