類家 心平

類 家 心 平

SHINPEI RUIKE

<トランペット講師>

菊地成孔ダブセクテットやShinpei Ruike 4 Piece bandなどで幅広く活動中。
FUJI ROCKやRSRなどの公演で注目を集めている。

Official site http://ruike.daa.jp/


 

【類家心平 プロフィール】

 1976年4月27日、青森県八戸市で、版画家の次男として生まれる。3つ上の兄の影響で、10歳の時に小学校の吹奏楽部に入部する。中学時代、アンサンブルコンテスト全国大会で金賞を受賞。その後、父の影響もあり「MILES DAVIS」やジャズに傾倒していく。高校卒業後、海上自衛隊に入隊し音楽隊でトランペットを担当。国内外での演奏活動(演歌やJ-POP、各種ファンファーレやマーチやクラシックのアレンジ作品、ジャズやラテンミュージック等)の他に、匍匐前進(ほふくぜんしん)や射撃、半年間の航海、マラソンや水泳等も経験し6年間を過ごす。


退隊後2001年に上京しジャズトランペットを高瀬龍一氏に師事。都内ジャズクラブ等でのギグをこなす。渋谷の「the room」というクラブでのジャムセッションイベント「sofa」での出会いがきっかけで、「SOIL&"PIMP"SESSIONS」のトランペッター「タブゾンビ」氏の推薦により「urb」というバンドに入る事になる。その後2004年にSONYJAZZから、6人組ジャムバンドグループ「urb」のメンバーとしてメジャーデビュー。3枚のアルバムをリリースし2004年12月には「タイ国際ジャズフェスティバル」に出演し高い評価を受ける。2006年に諸事情により「urb」の活動が休止。


現在は自身のバンド「Shinpei Ruike 4 piece band」 (ハクエイキム piano,鉄井孝司bass,吉岡大輔drums)と、DJ、VJ、ペインターが入ったユニット「Landscape Jazz Orchestra」を主催。「Landscape Jazz Orchestra」では、広島市現代美術館での演奏等で注目を集めている。その他「菊地成孔ダブセクテット」(菊地成孔sax,坪口昌恭piano,鈴木正人bass,本田珠也drums,パードン木村livedub)に参加。現在までに3枚のアルバムをリリース。フジロックフェスティバルやライジングサン、オーチャードホール等の公演で注目を集めている。DJ小林径プロデュースの「Routine Jazz Sextet」にも参加、2枚のアルバムをリリース。活躍のフィールドはジャズに留まることなく元「LUNA SEA」のスピリチュアルギタリストSUGIZOが率いるユニットにも参加し活躍の幅を広げている。2006年にスタートさせた自身のリーダーバンドの集大成として、2009年6月に満を持してファーストアルバム「DISTORTED GRACE」をリリース。